家事や仕事中も大丈夫?ずっと付けていられる素材の指輪を選ぼう

結婚指輪は一生物。過酷な条件にも耐えられるタフさが必須です。

結婚指輪はアクセサリー着用禁止の職場でも唯一許されている場合が多く、家事など水仕事や料理中にも毎日ずっと身に着けています。 汗や水に強い事、衝撃にも強い事が求められています。 真っ先に思いつくのはプラチナで、結婚指輪では定番です。プラチナは変色や変形もしにくく、強度も強いです。また、素材の価値も高いので結婚指輪にふさわしいとされている素材です。しかし最近ではプラチナ以外の素材も多く選ばれています。 毎日つけるからこそ、自分のニーズに合った素材で納得した物を選びたいですよね。今は、自分たちに合った素材をカスタマイズし、幅広く選ぶことができるのです。では結婚指輪にはどのようなおすすめ素材があるのかご紹介していきます。

タフさプラス自分達にピッタリの素材選びをするのが重要です。

ゴールドは変色や変形にも強く価格もプラチナよりお手頃な所やカラーが選べるのが嬉しいですよね。
デザインも豊富で、特にピンクゴールドは女性に強い人気があります。
ジルコニウムは、カラーが豊富で、グラデーションも選べるので、好きなカラーにこだわりたい、人と被りたくない個性的な方にピッタリです。
医療器具や歯のプラセンタなどにも使用されるほど安全性も高く金属アレルギーも起こりにくい上に強度もばっちりです。アクセサリーの素材として注目が集まっています。
チタンはピアスや人工骨に使われるほど、金属アレルギーや体への影響が少なく、アレルギーが心配な方にピッタリです。また羽のように軽いです。
以上の事を参考にして頂き、ずっと毎日身に着けるからこそ、自分たちにぴったりの結婚指輪と出会えるように願っています。

結婚準備の順序として、男女が結婚に同意すると仲人をたてて、婚約指輪や結納を交わします。親しい方に婚約通知を出し、婚約パティーを開催する事もあります。そして、挙式の日時と式場を選び、結婚式へと進みます。

© Copyright Handmade Pretty Ring. All Rights Reserved.